感熱紙の基本

感熱紙のお得さ

私は、普段、プリンターやファクシミリを使用する際、市内の電気量販店で売っている普通紙を使用しています。ですから、感熱紙とはいったいどのような紙なのかわかりませんので、調べてみました。感熱紙は、紙の表面に特別な薬品層が塗られています。熱を感知することで化学反応を起こし、色が変わるようにアレンジされています。この紙面に文字などを熱することによって、それを浮き出させることができます。
通常は、黒色に変化しますが、紺色やセピア色のものもあります。化学反応の温度を変更させ多数の物質を使用したそれらの色に対応した感熱紙もあります。一般的に高温で黒色に低温で他の色に変色します。印字後に湿気などに接したり日光に当たると変色したり書き込みが不可能になるため、長期的には保管できません。それから、消費期限があり、長期間使用せずにそのままにした感熱紙は、白い部分が黄ばんで、印刷部が薄くなるケースがあります。
このように感熱紙は、普通紙と違い保管には最善の注意が必要です。感熱紙の長所としては、文字のデザインや多種多様の画像を自由自在に印字できるため、使用目的に応じてオリジナリティなデザインを作成することができます。他に長所として維持費が安価な点が挙げられます。普通紙は、感熱紙より約半額以下で購入できますが、感熱紙はインク代がかからないので、消耗品の経費としては安く済みます。

感熱紙の特徴について

普段、買い物をするとレシートを貰いますよね。このレシートは主に感熱紙という紙が使われています。では一体、感熱紙にはどのような特徴があるのかを見ていきたいと思います。まず、感熱紙とは紙の表面の特殊な薬品が塗られている紙のことをさします。その特徴は、熱によって化学反応が起きて色が変化する仕組みを持っているのです。普通紙との大きな違いは、インクを不要としている点ですね。
そのため、プリンターを小型化できるのでレジのような省スペースにも設置できるのです。この利点を生かして、様々な用途に感熱紙が活用されていますね。また、感熱紙はこの特性を生かして仕様用途に応じた特殊なレシートも作ることが可能です。感熱タイプの用紙は構造上、複雑な画像や文字の印刷が得意なのです。したがって、お店のレシートの種類の幅が増えることで、どれも同じにならず個性を出すことができますよね。
そして維持費の安さも大きな特徴と言えるでしょう。用紙の価格自体は実は感熱紙より普通紙の方が安いのです。しかし、先ほども述べた通り感熱紙はインクが不要です。よってインク代がかからない分、コスト的には感熱紙のほうが安いと言えるでしょう。以上のような特徴を持った感熱紙は、その使い勝手の良さから多方面で使われているのです。

サーマルロール(レジロール)は、メーカー指定品・純正品でなくても、サイズが合えば使用できます。 購入前に一度試して下さい。 無料サンプルお届けします。お手持ちのサーマルと是非比べてください。 400社以上の上場企業を含む、20万社以上の企業様とお取引させていただいております。 北海道、九州地区以外は、翌日着可能! 国内各所に営業所あり。案件によって営業が伺います。 感熱紙サマーロール通販は専門店「JUSTロール」まで

menu

2017/08/25
損をしないショップでの購入方法を更新しました。
2017/08/25
使い勝手を上げるコツを更新しました。
2017/08/25
社会で活躍する特殊用紙を更新しました。
2017/08/25
効率的な購入と使い方を更新しました。